保育所が持つ問題を知っておくという事

保育所の数が少ない

保育所の数そのものが少ない原因は、保育所の土地生産性が低く民間企業などが参入したとしても採算が取れないというものが第一の原因とされています。国からの補助金などを受け取れる場合は園庭が必要となる場合が多く、都心ではそういった土地を探す事がそもそも難しいためどうしても採算が取れず、それによって民間企業が参入しづらくなってしまい保育所の数が少なくなってしまいます。

しかし東京都ではこの問題に対して都の定めた認証保育所という制度を導入し、国の定める認可保育所の基準を満たしていなくても、都の定めた基準を満たしていれば、補助金を出してもらう事ができるようにしています。これによって、例えばビルの一室を借りて保育所とした場合でも補助金を受け取る事が可能となったため、民間企業が参入しやすくなりました。ただ、それ以外にも保育士の不足という問題がありますから、これによって保育所の不足という問題そのものが解決したという訳ではありません。

保育所の不足は、保育所が土地生産性が低く採算が取れないという事が大きな障害となっていましたが、これは特に東京都においては都の認証保育所という制度の導入によって大きく緩和されてきています。しかし保育士の不足など他の問題点も多く残っているため、すぐに解決できるという問題ではありません。これから保育所を設立しようとしている方や、保育所を利用しようと考えている方は、こういった問題があるという事を理解し、その上でどのようにしていくのかを考えるようにしてみてはどうでしょうか。